認知症の危険もある? | 女性の更年期にはプレマリンクリームがピッタリです!

認知症の危険もある?

認知症の危険もある?

「認知症の危険もある?」の画像イメージです。

もしプレマリンクリームを使ったり運動や食事を改善しないで更年期障害を放っておくとどうなってしまうのか?
人によっては何もせずにそのままにしてしまったりすると思います。

まず更年期障害というものは、放置することで認知症になるかもしれないといわれています。
女性は閉経期になるとエストロゲンという女性ホルモンが減少してしまうわけですが、そこから認知症に発展する可能性があるのです。
なお男性と比べてみると女性の方が3倍以上も認知症になりやすいので、あなたも注意しないといけません。

エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンは神経伝達物質が分泌するのを高めてくれて、さらにいえば脳の働きを活発化させてくれます。
ただ更年期に入ってしまうことで卵巣機能が衰えるので、それによりエストロゲンが減少してしまうわけです。
人間はどんな人も若い頃と比べて歳を重ねていると、記憶力が低下しやすくなります。
そこに更年期が加わることで、より記憶力が下がるようになるのです。
だから更年期の人は物忘れが出てくるようになります。

そして認知症まで悪化してしまう可能性が出てくるわけですが、それを防ぐことができるのが女性ホルモンなのです。
プレマリンクリームを使うとエストロゲンを補充することができるようになるので、認知症のリスクはしっかり軽減できるでしょう。
ただこれはあくまでも可能性の話になるので、絶対とは言い切れません。
しかし将来的に認知症が発症するのを大幅に遅らせることができるかもしれないので、プレマリンクリームを使って損はないと思います。