更年期が訪れたら

更年期が訪れたら

「更年期が訪れたら」の画像イメージです。

女性なら特に誰もが経験することになる更年期障害。
あなたもけして他人事ではないといえるでしょう。
では更年期障害とは一体どういう障害なのか?

まず更年期というのは、閉経を挟んだ前後の10年間のことを指します。
閉経については年齢によって個人差があるもので、日本人女性の場合は大体50歳前後が多いです。
つまり45歳から55歳の間の期間を一般的には更年期と呼びます。

そして更年期になるとさまざまな症状が出てくるようになります。
その理由は、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが大きく関わっているといえるでしょう。
エストロゲンは子供の頃に卵巣で分泌されるようになり、分泌量は30代に入ることでピークを迎えます。
そこからは卵巣機能の低下により、徐々にエストロゲンが減少していきます。
そして40代に入るとエストロゲンの減少が大きくなるので、そこから更年期障害と呼ばれる症状が出やすくなるのです。

では更年期障害が出てきてしまったら、どのようにして対処していけばいいのか?
対処方法として一番おすすめしたいのは「プレマリンクリーム」と呼ばれる薬になります。
このプレマリンクリームを使うことによって、減少していくエストロゲンを補うことができるようになるのです。
つまり更年期障害として現れるイライラや不安感などの症状を改善できるようになるので、プレマリンクリームさえあれば更年期障害はまったく怖くなくなるでしょう。
更年期障害に悩んでいる人は、プレマリンクリームを持っていて損はないと思います。
またこれから更年期に入る人も、ぜひプレマリンクリームを持っておいてください。

若い人も危ない?

「若い人も危ない?」の画像イメージです。

一般的に更年期障害は50前後の人に起こるものですが、実は若年性更年期障害と呼ばれるタイプもあります。つまり若くても条件がそろっていれば更年期障害になるので、プレマリンクリームをぜひ所持しておいてください。

Read More

事前に予防すること

「事前に予防すること」の画像イメージです。

プレマリンクリームに頼るだけじゃなく、更年期障害を予防するための方法をしっかり試していきましょう。今回は特に食事に関する注意点について紹介しますので、予防したい人は必ず目を通しておいてください。

Read More

運動はかなり大事です

「運動はかなり大事です」の画像イメージです。

プレマリンクリームも大変効き目のいい薬ですが、それと並行して運動も生活に取り入れてみてほしいところです。そうすれば多くの人が更年期障害の予防を実現できるようになると思います。

Read More

認知症の危険もある?

「認知症の危険もある?」の画像イメージです。

人によっては更年期障害をそのままにしておくことで、認知症のリスクが高まってしまう可能性があります。だからこそ、プレマリンクリームを使ってしっかり女性ホルモンを補充しなければいけません。

Read More